新着情報

色彩輝度計BMシリーズに色度向上モデルBM-5ACを発売

2016年08月19日

高解像度ディスプレイの輝度・色度を約2秒で高精度に測定

本製品は、光学機器メーカである当社で新たに独自開発した高精度な光学フィルタが最大の特長となります。この自社製光学フィルタは、製品内部の光学系特性に合わせた薄膜設計を施しており、分光放射計レベルの精度を実現しました。これに当社独自の測光測色器における校正・補正技術を融合することで、従来の色彩輝度計で各色を測定した場合の色度精度±0.03以内を±0.008以内に向上しました。
 
8月より試験放送が開始される8K放送用の高解像度ディスプレイでは今までよりも色の表現範囲が拡張され高コントラスト化されております。このようなディスプレイの黒色表示を高精度に測定する場合は、通常数十秒から数分の測定時間がかかりますが、今回販売を開始するBM-5ACは、約2秒の測定時間で測定が可能となっております。また、フリッカとよばれるチラつきがあると画像劣化を引き起こす要因となりますが、このフリッカ計測も可能な機能を有しています。
また、自動車業界でも、車室内のインテリア用ランプが急増していることから、高速測定が可能で高精度な計測器が要求されています。
これらの顧客ニーズに対応し、低価格ながら、従来の色彩輝度計が持つ高速性と、分光放射計が持つ高信頼性を兼ね備えた色彩輝度計となります。
 
本新製品は、2016年10月より販売を開始します。
 
BM-5AC_min.jpg
【色彩輝度計 BM-5AC】
製品紹介ページ

当社は、今後も独自の保有技術を最大限に活用した高付加価値製品の開発を積極的に推進し、お客様の生産性及び品質向上や検査効率の最適化に貢献して参ります。